スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災したペットたち

この度の東日本大震災で被災された皆様に、あらためてお見舞い申し上げます。



「少しずつ復興に向っています」という、遠くはなれた私たちも元気になるような言葉とともに、福島原発の問題、燃料不足も関係する救援物資のかたより、災害発生から休まず続く救出活動など、けっしてスムーズに活動がおこなわれているわけではない部分も伝わってきます。


そんな情報の中で被災したペットたちのことも少し気になっていました。
我が家にも高齢犬と、猫2匹がいるため、どうしても重ね合わせてしまいます。
もしも何らかの災害がおきれば、状況によっては一緒に避難することすらできないかもしないし、連れ出すことができても、避難所でともに生活することは出来ないだろうし…。
今回の災害を受けて、我が家でも“人命が助かったという前提”でペットたちをどうするか、という話をする機会が増えました。


そんなおり少しずつ、被災したペットに関連する記事を目にするようになりましたね。

『徳島新聞Web』
徳島県内のNPO法人「HEART(ハート)」が、津波を生き延びた犬猫や、ペットと一緒に避難した人を支援する活動を宮城県で始めた。「家族の一員であるペットを救うことが、被災者の心のケアにもつながれば」と、避難所を回り、餌を届けたり、飼えなくなったペットを預かったりしている。

↓詳しい記事はコチラです
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/03/2011_130103141449.html



実際被災地から近い地域の動物病院は、被災した、または保護されたペットが連日のように持ち込まれているようで、収容できる数の限界を超えているようです。個人的に一時保護を頼める親戚や知人がいればお願いできるかもしれませんが、それでも預ける方として様々な思いがしますよね。その気持ちがすごくよく分かります。
車で避難することができたら車でペットたちを…などと思っていましたが、現実にそうして避難していらっしゃる被災地の方も限界がきている方々もいらっしゃるようです。一日や二日ならいいですが、長い避難生活になってしまうとペットたちも飼い主もまいってしまいますよ。それが想像できるだけに、こういう支援があるという情報だけでも希望が持てます。



被災地の皆様は今はもっと甘えられてもいいと思います。
辛抱して、辛抱して、自分のことより目の前の人のことを思いやっていらっしゃる姿をテレビで見るたびに、胸が痛くなります。でもそうして今までも支え合ってこられたのだと思うと、本当にこの災害はやるせません。自然には逆らえないけどやっぱり悔しいです。



ベットの上でひっくり返って寝ている猫たちをみていると、今こうしていられるのはとっても幸せなことなんだよ、と耳元で囁いてみるんですが…まぁ分かるわけもなく、手で私の顔をムニッと押しやられる今日この頃…。
感謝の気持ちを持ちながら生活することは、これからも忘れたくないですね。

写真_edited-2
「それは何の蓄えかい?」





■ブログランキングに参加しています■

↓ポチリと押してやってください
 (別ウィンドウが開きます)
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

アサギリソウ Vol.2

以前ご紹介した芽吹き始めたアサギリソウ。 前記事(2011.1.20)⇒コチラ
P1010874.jpg

地表へ出てきたばっかりのウブウブなアサギリソウでしたが、
あれから2ヶ月、こんな立派なモコモコになりました。

P1020051bb.jpg

と言ってもまだ直径は15cm程で、成長期には今より二倍、三倍と大きくなります。

成長していくと、どうしても下葉が枯れ込んでくるので、ここは一つ思い切って途中で半分くらいの大きさに切り戻しをしてやりましょう。
枝先にしか葉がついていない場合などは半分切ると葉がなくなってしまうので、根元から新芽が出ているのを確認できたら半分以下で切っても大丈夫です。根元にも新芽がない場合は、ちょっとかっこ悪いですが、左半分・右半分づつくらいで切り詰めて様子をみましょう。
切り戻しが必要ない場合もありますので、いずれも植物の状態をみながら行なって下さい。


【ひとくちメモ】
アサギリソウの枯れた下葉は、濡れた羽毛に似ています。
(すっごい、どうでもいいことです)



最後に朝露。
P1020056a_convert_20110326094800.jpg

あ、今朝のは朝露でなく溶けた雪ですね。チラホラ降ったんでした。
3月も終わるというのにまだ降ります。
もういいんでないかい?地球さん。頼みますよ本当に。



■ブログランキングに参加しています■

↓ポチリと押してやってください
 (別ウィンドウが開きます)
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村



鏡の池占い

島根県松江市に八重垣神社という縁結びの神社があります。
先日の連休中に松江に用事があったので、ついでにお参りしてきました。

写真(4)

夫婦椿と呼ばれる連理玉椿があり、
その昔稲田姫命が2本の椿の枝を立て、それが芽を出し一身同体になったと伝えられています。

ご利益は縁結びのほかに、
夫婦和合・授児・安産・厄除除・災難除などなど。
そしてなんと“美容”にもご利益があるともいわれています。
資生堂の商標である花椿はこの八重垣神社の椿をモチーフにしたと言われております。

そんなこんなでとにかく若いお嬢ちゃんたちでごった返してる神社です。
巫女さんも美人さん揃いなんですよ~。


ここの八重垣神社の目玉は、本殿から少し離れたところにある「鏡の池」での吉凶占い。
※社務所で占いに使う和紙を購入してから池へ向ってください。

写真(6)

池までは木々の間をてくてくと歩いていきます。
神社らしい凛とした澄んだ空気がとても気持ちいいです。
通り道には大きな樹の根っこが横断しています。足元注意で進みましょう。


こちらが池の様子。
写真(3)_edited-1

沢山の和紙が沈んでいますね。
様々な思いが詰まった和紙です。

写真(5)

看板には「百円または十円硬貨をのせてうかべてお祈り下さい」と書いてあります。

縁結びなら『五円玉』なイメージですが、一円・五円は軽すぎて沈まないそうです。
なので重さのある十円玉、百円玉をおすすめされます。

そしてこんな感じで浮かべて沈むのを見守ります。

写真_edited-1

和紙には「金運に恵まれる縁」と浮かびました。ヤッター。

でも占いはこの和紙の文字ではありません。
この和紙がどう沈むかです。

●遠くへ沈むと遠くでご縁があります
●近くで沈むと身近にご縁があります
●すぐに沈むと近々ご縁があります
●遅くに沈むと、もうちょっと待ってみましょう

とこんな具合。
さてさてこの度の占い結果は…

時間:1分、場所:すぐ近く


この占いをやったことある方はお気づきかと思いますが、
この日はほぼ無効試合的な結果に終わりました^ ^;

小雨が降るなか和紙はあっという間に水分を含んで、
他の参拝者の皆さんの和紙も速やかに池の底へ… 
なんか遠くへ行くことも出来ず沈んでいったような感じでした(汗

すぐ隣で占いに挑んでいたお嬢ちゃんなんか浮かべて数秒で池の底へ。
数年前に試した時はみんな平均10分以上だったと思うので、1分はちょっと早いかな。
お陰で人の入れ替わりが非常に早かったです。なんか悲しい~。
隣にいた数秒で沈んだお譲ちゃんもこれでは、
池を離れたとたんに出会いが待ち受けてるかの勢いになってしまいますよね。

ご縁に限らず願い事・吉凶占いとしても親しまれていますので、
島根県へおこしの際はぜひぜひ試してみて下さいねっ!


※被災地の復興もお祈りしました。願いが届きますように…



■ブログランキングに参加しています■

↓ポチリと押してやってください
 (別ウィンドウが開きます)
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
Copyright © takke
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。