スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバーナムの実がたわわに…

【三省堂・大辞林】
たわわとは…
木の枝や稲の穂などに実がなったりしてしなやかに弧を描いて曲がっているさま。



「たわわに実がつきました」と書こうとして“たわわ”って打っていたら“たわわ”って何?
(ってなっちゃうことがありますよね?)
と思い、意味を調べてみたら…
「枝がたわむくらい実がつくこと」が“たわわ”なんですね。
わっさわっさと実がついていれば“たわわ”だと思ってました
しかしこの“たわわ”という三文字でその様子が表現できるってすごいなー。


今は赤くなっている実も、
↓寒くなる頃にはこの青黒い実になります
P1010958aa.jpg
(この実の割れは長らく放置しすぎたためです)



うむ。
日本語の奥深さもあらためて実感できました☆



■ブログランキングに参加しています■

↓ポチリと押してやってください
 (別ウィンドウが開きます)
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ

にほんブログ村

スポンサーサイト
Copyright © takke
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。